【ゴルフ】ハンドファーストは意識してはいけない理由

ゴルフ

ゴルフにおける重要な要素の1つハンドファースト。

できると飛距離やショットの精度が格段にあがります。

ですが、一つ間違えてしまうと、致命的なまでにスイングを壊してしまう可能性があります。

結論:一般ゴルファーはハンドファーストは意識すべきではない。

 

 

スポンサーリンク

ハンドファーストとは

ゴルフにおいて、上手な人は必ずハンドファーストです。

ハンドファーストはインパクトでクラブヘッドがグリップより後ろであり、ロフトが、立った状態であること。

ハンドファーストのメリット

飛距離が伸びる。

ダブらない。

トップもしない。

方法性が安定する。

致命的なミスになりにくい。

ハンドファーストのデメリット

これといって見当たらない。

強いて言えば人によっていうことが違う。

ハンドファーストは人それぞれ

さて、いいことづくしのハンドファーストですが、ハンドファーストは人によって言ってることが違います。

腰を回せば勝手に

インパクトの瞬間に左手を前に

ハンドレイトで

しっかりアドバイスに戻せば

すでに意味がわかりません。

人によってハンドファーストのコツが違う理由

そもそも、ゴルフスイングは人の感覚が大部分を占めるのであり、他人のハンドファーストが必ずしも自分に当てはまらない。

その人のスイングや感覚ではこうだ!というだけで必ずしも正しいわけではない。

レッスンに通ったりして、その人仕込みのスイングを一から習得するのなら別ですが、ハンドファースト一点についてあーだこーだを求めても習得するとこは不可能といえます。

ハンドファーストは上級者のテクニック?

結論から言うと、ハンドファーストを意識しながらスイングするとことは非常に難しい。

自分のスイングがほぼ完成している上級者でないとむりです。

スイング時間はせいぜい1、2秒です。

インパクトは0.1秒の世界。

で、例えばドライバーのインパクトのさい、ヘッドに、かかるチカラは700キロ

人間には無理でしょう笑

ハンドファーストを覚えるには

ハンドファーストを習得するためには。

ハンドファーストを覚えるというよりは、スイングを覚えると自然とハンドファーストになる。

というほうが、正解です。

ハンドファーストを意識してしまうと、手先だけのスイングになります。

グリップ、アドレス、バックスイング、きり切り返し、インパクト。

一連の正しい動きを覚えることで、ハンドファーストが自然に身につきます。

スイングは人よって様々なので、その人によってチェックポイントが異なるはずです。

なので、ハンドファーストのコツも人それぞれ。

自分に合ったスイングを習得しましょう。

自分に合うスイングを見つける

自分に合ったスイングといっても、よくわからないかと思います。

まったくの初心者であれば、まだ良いのですが、すでにゴルフを始めている方は、最低限、自分のスイングを把握する必要があります。

と言っても、簡単なことです。

ボディターンスイングか、アームローテーションスイングか、です。

完全に、ボディターンのみ、アームローテーションのみはありえない。

あくまで、どちらの比率が強いか。

それによって参考にするスイングも変わってくるのです。

例えば、アームローテーションが強いのにボディターンを熱心に勉強していたりすると、根本が違うので、絶対にうまくなりません。

まず、インパクトの位置自体が違います。

ハンドファーストは一般ゴルファーが意識してはいけない理由

小手先で習得できる技術ではない。

スイングを通して自然と、できるもの。

スイングが完成しているプロや上級者でないとコントロールはできない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました