【ゴルフ】余計なことをしなければ100切りはできる説

ゴルフ歴はそれなりだけどどうしても100切りできない。

こんな悩みを抱えている人向けの記事です。

100切りできない理由

僕の経験から、そこそこ練習してるのに100切りできない原因は2つあります。

  • 練習が間違っている
  • いろんなことを取込みすぎている

練習が間違っている

練習場に行くとこんな人が多くみられます。

ボール100球だとすると、ウォーミングアップっぽく5球くらいアプローチ、7番あたりで15球くらい、5番かウッドで10球くらい、で、残り全部ドライバーでフルショット。

そこそこ練習してきて100切りできない人の典型的なパターンはセカンドショットからグリーンに乗せるまでがヘタなことです。

ですから、ドライバーよりはアプローチやショートアイアンに重点を置いて練習しなければいけないはずです。

100切りが見えてきている人は基本ダボでたまにボギーかトリかパーみたいな感じのはずです。ということは、ドライバーが絶望的なことはないはずなんですよ。

ちなみにドライバーを使用するのは1ラウンドで多くて14回で、残りの90打近くはアイアンかパターです。しかも、ドライバーは足場が平でティーショットなうえに多少曲がったところで大きな問題ではありません。

逆にアイアンは足場が不安定は上に方向がずれたりすると直接スコアにつながります。シャンクなんて出たら致命的ですよね。

にもかかわらず、アプローチやショートアイアンの練習はせずにドライバーでフルショットはばかりでは、練習内容は的外れでしかありません。

アプローチやショートアイアンの精度を上げていかなければ、スコアはこれ以上伸びません。

ちなみに僕の場合はというと、スコア108(全部ダボペース)になってからしばらく停滞しました。

原因はやはりアイアンの精度で、特に残り100ヤード付近からのショットとアプローチが悪く、グリーンに乗ったとしても3パット確定みたいな距離が多かったせいです。

いろんなことを取り込みすぎている

誰しもがもっと飛ばしたい、もっとうまくなりたい、そう思いながら日々練習に励むとおもいます。

特に最近はYouTubeなどでたくさんのレッスン動画が上がっていたりなど、教材に困ることはまずなくなってきています。

が、ここが最大の落とし穴で、動画で学んだことを取り込もうとがんばって練習してしまうと、スイングが崩れてしまい逆効果になってしまうことがあります。

いや、むしろ逆効果になることのほうが多い気がします。

例えば、スライスを直したいと思ったときに自分のスイングのどこを直せば良いかは100%判断できません。

なぜなら、第三者目線で見ているレッスンプロでさえ判断に困ることがあるのに素人が分かるわけありません。

これだ!と思ってとり組むと、修正できたとしても他の部分で問題が発生します。

アマチュアゴルファーはだいたいここで無限ループに入り抜け出す前にゴルフ人生が終わります。

さらに言うと、YouTubeなどの動画は万人向けです。必ず自分に合ってるとは限らないですが、そんな判断素人にはできません。

また、動画内での、解説を別のニュアンスで捕らてしまうとほぼ詰みです。

最終的に、基礎の基礎からやり直す羽目になります。

僕は100前後で回っていたのに110を切れなくなりました。

結局、最初から基礎のやり直しでしたね。何回やり直したかはわかりません笑

教えたがりおじさんに注意

これが1番大迷惑です。

特に初心者の方は要注意です。逆に下手になると思います。

アマチュアの平均はスコア100くらいと言われますが、一緒に回ると分かりますがあんま上手くないです。

そんな人に教えてもらったところでってはなしです。YouTubeのほうがよっぽどためになります。

かと言ってシングルの人に教えてもらったところでうまいのはゴルフだけで教えるのは素人です。

下手すると、その人の悪いくせまで叩き込まれてしまいます。何度も言いますが、その人はただの素人です。

僕はスイング強制させられてドライバー打てなくなりましたから。

ちょっとしたアドバイス一言二言は良いとして、身振り手振りで教えたりはアウトです。

練習場で勝手にボール打たれたりとかは最悪です。

とりあえずうなずいて軽く流しましょう。

いや、ほんとにです。

解決策

  • 自分のスイングを動画にとる
  • 苦手な事を中心に練習する
  • 参考にするレッスンやプロは1人か2人に絞る
  • 教材や本を購入したらそれだけを徹底的に練習する

根拠

自分のスイングを動画にとる

まわりの人のスイングを見てうまいな下手だなぁなんて思ったりすると思います。で、いざ自分のスイングを見たときは人のスイングどうこう言えるレベルではないことに気づくはずです。衝撃は凄まじいです。カッコ悪い。よく人前でこんなスイングしていたなと思うくらいカッコ悪いです。

ここで自分は全て間違っていたと確認できます。練習方法を変えなければいけませんね。

苦手なことを中心に練習する

まぁ、練習ですから苦手克服のためにがんばるのは当然です。良いところを伸ばすとかいいますが、100切りできていない現状では、そんなこと言えるレベルですらないんです。

気持ち良く打ちまくるのはほんとにただの打ちっぱなしで練習ではありません。

できないことを失敗しまくっての練習です。

僕の場合は思い切って100球の7割りをアプローチとショートアイアンに回しました。

逆にドライバーは10球くらいに抑えました。

それだけでも、ラウンド回った時は全然違いましたよ。

参考にするのは2人まで

いろんな誘惑に負けず、この人って決めたらとことんレッスンを追求してください。

あれもこれもでは何が正しいかわからなくなります。そもそも、僕らは素人なので、正しいことなんて分かりません。

どう考えても僕ら素人が言ってることよりレッスンのプロが言ってる方が信ぴょう性は高いですよね?

でも、10人のレッスンは10人とも違う分けで、同じ内容でも言い回しが違ったりします。結局どれが正しいか分からなくなり、振り出しに戻ります。

なので、参考にするレッスンは1か多くても2りにしましょう

本や教材

もし、本や教材を購入したのであれば、徹底的にそれのみ練習しましょう。

ここで、てぎないからと言って他のことにもあれこれ手を出してしまうとまた振り出しにもどってしまいます。

最初からできないのは当たり前です。できるようになるまでは横道にそれないでてじっと頑張りましょう

まとめ:余計なことをしなければ100切りできる説

極端な話、教材や本を購入してきちっと練習していれば、割と早く100切りはできると思います。

一番の弊害は欲張って他の知識を取り入れて、横道にそれることです。

自分の購入した本や教材、レッスンなど素直に信じて続けていけば、100切りはけっこうあっさりできたりするものです。

もちろん月に何回かラウンドに出るのは必要でふけどね。

記事タイトルの通り、余計なことには手を出さないのが100切りの一番の近道かもしれません。

では僕が実践して100切りしたレッスンを紹介しますね。

と言ってもYouTubeなどで人気のあるレッスンなので特別でもなんでもなきですが。

僕はYouTubeまてできそうだと思っていろいろ購入させていただきまして、100切り達成できましたよ。

よかったら参考にどうぞ。

とにかくなんでもいいから最速で上手くなりたいなら

僕の先輩2人は2か月で110くらいから80台までスコアアップしました。やっぱり、自己流もいいけど短期間でしっかりレッスンできればそれが一番の近道ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました