【飛距離】ゴルフは腰を切ると飛距離アップする?しない?

ゴルフ

ゴルフは「腰を切る」とよく言われます。

プロからアマチュアまで、みんなが口にする腰を切る=安定して飛距離が伸びる

ですが、実際飛距離出てない人も多くいます。

本記事ではそのあたりを深く掘り下げていこうと思います。

内容

腰を切る=ボディターン?

手打ちとの関係

飛距離アップする人しない人

飛距離を習得するための手順

スポンサーリンク

腰を切る=ボディターン?

腰を切るは体は動かさない

ボディターンは同調して全体が回る

同じような意味合いでとることが多いですが、こうやって文字におこすと矛盾してます。

腰を切ってボディターンスイング!めっちゃ難しいと思いませんか?

手打ちとの関係

前にも述べたように、

腰を切ってボディターンスイングはめっちゃ難しいことがわかりました。

この難しい動きをしながらボールを打たないといけません。

しかも、まっすぐキレイに遠くへ飛ばさないと。

解決方法は無理やり手で合わせないと打てません。合わせても打てませんが汗

これが手打ちです。

良かれと思って取り組んでいる腰を切ってボディターンスイングは、悪しき手打ちの原因になってるわけですね。

正しい手打ち

正しい手打ちって?

正しい手打ちは最近良く耳にするアームローテーションのことです。

ここでは詳しく書きませんが、ゴルフを上達する為には重要な動きです。

これは、プロや上級者は意識しなくても自然にできる動き。

練習量の少ない一般のアマチュアゴルファーは、意識しないと出来ない動きです。当然、練習は必要ですが。

結論

一般のアマチュアゴルファーがめっちゃ難しい腰を切ってボディターンをしながら、アームローテーションを同時に行うことはほぼ無理です。

腰を切って飛距離アップする?しない?

飛距離アップする人

=プロや上級者など、アームローテーションができている方

飛距離アップしない人

=アームローテーションができていない方

アームローテーションができていないと、どんなに腰を切ってボディターンが上手でも、飛ばない安定しないスイングになってしまいます。

練習場で見る限り、ほぼ全員が飛ばないスイングです。

アームローテーション診断

自分がアームローテーションできているか知る方法は

ドライバーをアームローテーションのみで打ちます。

できてる人はまっすぐか、ややドロー気味のボールがでます。

スライス、フック、チーピン、チョロ、が出る人は、悪い手打ちが身についています。

いわゆる、すくい打ちとかしゃくり打ちとかですね。

僕はこのタイプでした。要修正ですね。

飛距離を習得する手順

全くの初心者のかたは、至ってシンプルに、

アームローテーションを覚える

ボディターンを覚える

腰を切る

で、オッケーです。

が、ゴルフ歴が長い方ほど、実際はすでにボディターンや腰を切るは身についているはず。

あとはアームローテーションを身につければ、安定感と飛距離が手に入ります。

なので、アームローテーションさえ出来れば良いかなと。

アームローテーションができると

すでに腰を切ってボディターンが身についている人=一般のアマチュアゴルファー

実はアームローテーションだけで打っているつもりが、クセで無意識に腰を切ってボディターンスイングになっています。

結論アームローテーションを意識しするだけで飛距離が伸びます。

アームローテーションについてはYouTubeで大量発生してるので、参考にしてください。

まとめ:腰を切ると飛距離アップする?しない?

結論

アームローテーションがうまければうまいほど、腰を切るほど飛距離アップします。

練習量が少ない一般のアマチュアゴルファーほどアームローテーションを極める

欲張ってアームローテーションとボディターンスイングを一緒に取り入れないこと。

今までボディターンスイングをがんばってきたけど、飛距離が伸びない方は、アームローテーションができると、人によっては50ヤード変わります。

飛距離に悩んでるかた、特に、ドライバーで200ヤード前後、または、スライスする方は、一旦ボディターンスイングをやめて、アームローテーションスイングを試す価値大アリです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました