【ゴルフ練習場】打ちっぱなしでヘタになる?【打席選びで練習効率が上がる】

ゴルフ

みなさんは練習場に行くときどのへんの打席を選びますか?

端っこ?真ん中?

僕ら一般のアマチュアゴルファーは、この打席選びですら上達に影響してしまいます。

 

 

スポンサーリンク

打席ってそんなに大事?

打席の重要性。

できることなら、1階打ちたい。

アマチュアゴルファーに最も適している打席は左端。

使っちゃいけないのは右端。

右端を使ってはいけない理由

右端は目の前に壁があります。

反射的に壁に当てたくないのて、引っ張りにいきます。

まさに、アマチュアゴルファーを苦しめているカット打ちの練習になってしまっています。

真ん中付近は上級者向け

右も左も開放的で、目標に対してまっすぐか曲がっているか分からなくなります。

ラウンドでよくあるまっすぐと、思ってもめっちゃ右向いてる状態。

なかなか気づけないので、方向が定まるように小手先で調整したりいろいろエラーアクションをやってしまいがち。

アマチュアはやっぱり左端

背中に壁があるのて、自然と、ひっかけないように打つようになります。

打ち出し方向は自然と右になります。

そのままスライスになるかどうぎポイント。

スライスになるなら振り遅れ。軽くフックして戻ってくるなら、最高です。

アマチュアゴルファーの憧れドローボール。

左端は練習に持ってこいの、環境です。

自然と体が、閉じるのもポイントで、いい感覚を養いやすいです。

ラウンド前の練習も打席は非常に大切

通常の、練習も打席は大切ですが、ラウンド前の、練習でも同じことが言えます。

というより、ラウンド前練習こそ打席は重要です。

ラウンド前は弾少ない

体が動かない

コースでは体は開く

コースに出ると、いやでも体が開いてしまいます。

練習の段階で左端に立って体を閉じて打つ感覚をつけておくと、だいぶ変わります。

欲を言えば、ティーを低くして、ロングアイアンでフックを打つ練習もしたいです。

ラウンドはこのくらいの感覚で、ちょうどいいタイミングになります。

番外編:ゴルフ場のパター練習

近くにゴルフ場がある方は、パター練習場を大いに活用しましょう。

無料で使用出来たりするので、練習場で、ボール打つよりも、こっちの方がいい練習になることもあります。

なんだかんだで結局パターが、大事。

まとめ:練習場の打席は左端。

右に打ち出して戻ってくるドローボールの練習を、しよう!

できた頃には飛距離も安定感も抜群になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました