2022-11

スポンサーリンク
グリップ

【必見】ゴルフクラブを短く持つと『メリット』しかない!飛距離と精度もアップ!

ゴルフクラブはほんの少し、1、2センチ短く持つだけでも感覚が全く別物になります。 ゴルフクラブを短く持つと『メリット』しかなく、むしろ飛距離と精度が格段にアップます。 そこで今回はゴルフクラブを短く持つとこんなにいいことがあると説明していきます。
グリップ

以外と知らない『ロングサム』『ショートサム』のメリット・デメリット!左手親指の位置について!

以外と知らない『ロングサム』『ショートサム』。 ゴルフのグリップの握り方は左手親指のポジションによってスイングのフィーリングは大きく変わります。 その特徴を理解して、自分のグリップを客観的に見てみましょう。
グリップ

【必見】ゴルフで手首のコックを使うには正しいグリップが必須!

スイングの中で大きな役割を果たす腕の振り。その中でも手首の『コック』は、ヘッドの入射角に影響を与え、弾道の高低を打ち分けたり、ヘッドスピードを増幅させ飛距離アップにも繋がります。 今回は、そんな「コック」について詳しく説明していきます。
スポンサーリンク
グリップ

グリップの握り方に新常識!テンフィンガーグリップ!あの有名プロもテンフィンガー!

ゴルフの握り方は野球のバットを握るようなテンフィンガーグリップでも全く問題ありません。 テンフィンガーグリップは飛距離を出しやすいグリップで女性や子供等、手が小さくて力が弱い方には特に適したグリップです。 そして、じつはあの有名プロもテンフィンガーなんです!
グリップ

ゴルフのグリップの握り方【手が小さい人・握力の弱い人におすすめの握り方は?】

ゴルフクラブと自分を唯一つなげる接点グリップ。スイングはグリップの握り方で9割が決まると言われています。 さて今回は手が小さい人・握力の弱い人におすすめの握り方を紹介します。 自分に合った正しいグリップ(握り方)を覚えてると、ボールをまっすぐ遠くに飛ばせるようになります。
グリップ

ゴルフのグリップ握り方!オーバーラッピングとインターロッキングの違い・おすすめは?

ゴルフクラブと自分を唯一つなげる接点グリップ。ゴルフスイングの前に一番最初に身につけたいのが、クラブのグリップの握り方です。 今回はオーバーラッピンググリップとインターロッキンググリップのメリット・デメリットと、それぞれをおすすめするゴルファーを紹介します。
コラム

正しいゴルフスイングは『筋肉痛』でわかる!あなたは『どこ』が痛くなりますか?

ゴルフに行った翌日は、カラダがイタイ・・・。 あなたのその筋肉痛はゴルフスイングが間違っているから起きている筋肉痛かもしれません。 正しいゴルフスイングなら、体の「ある場所」が筋肉痛になります。 今回はゴルフの良い筋肉痛と悪い筋肉痛について紹介します。
コラム

ゴルフ初心者なのに『短期間で超上達』してしまう人の特徴とは?

「あいつ、俺より遅く始めたよな…?」 大人になってからゴルフを始めた人のほとんどは、100切り~90切りに何年もかかるのが一般的です。しかし中には “短期間で超上達”してしまう人もいます。 “短期間で超上達”してしまう人の特徴とは?
グリップ

ゴルフの極意はグリップの握り方!おもな種類と特徴を解説!

ゴルフクラブと自分を唯一つなげる接点グリップ。 やはり基本が大切で、ゴルフスイングの前に一番最初に身につけたいのが、このクラブのグリップの握り方です。 正しいグリップ(握り方)を覚えることで、ボールをまっすぐ遠くに飛ばせるようになります。
シャフト

スライスはシャフトの硬さが原因かも?硬いシャフトと柔らかいシャフトどちらがおすすめ?

アマチュアゴルファーの悩みと言えばドライバーがスライスです。原因はいろいろありますが、シャフトの「硬さ」が原因かもしれません。 シャフトを変えればスライスは直るのかも。本記事ではスライスとシャフトの硬さについて解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました