アドレス

スポンサーリンク
グリップ

実はみんな間違ってる!ゴルフのアドレスの『正しいグリップ位置』

ゴルフのアドレスで手の位置がなかなか定まらないという方は多いのではないでしょうか。 正しい位置に手を置けるようになると、結果的にナイスショットが出る確率がかなり高くなります。 本記事では、「アドレス時の正しい手の位置」について詳しく解説していきます。
グリップ

【必見】ゴルフのハンドファースト唯一のデメリットは『意識するほど失敗する』こと!

ハンドファーストで球を打てるようになると、飛距離が上がる、狙ったところに打てるようになる、ミスショットが大幅に減る、といったメリットしかありません。 しかし、ハンドファーストを意識するとスイングが安定するどころか壊れてしまう可能性があります。
アドレス

【注意】ドライバーでハンドファーストはスライス連発の可能性あり!!

ゴルフでハンドファーストは必須とも言える技術です。が、ドライバーでもハンドファーストを意識するとスライス連発の可能性があります。本記事ではドライバーとハンドファーストについて解説します。
スポンサーリンク
グリップ

ゴルフスイングでグリップエンドの正しい向きは『へそ』?正解は...

ゴルフスイングでグリップエンドの正しい向きは『へそ』と言われていますが、本当にそうなのでしょうか。 本記事ではアドレスでのグリップエンドの正しい向きを解説しながら、正しいグリップの位置を解説していきます。
アドレス

【重要】ゴルフのスタンスでつま先の向きの正解は?【人のマネは絶対ダメ】

ゴルフでナイスショットするためにはアドレスが重要です。 気にすべき基本ポイントはいろいろありますが「足の向き」も非常に重要なポイントです。 今回はアドレス時の足の向きについてご紹介します。いまいちショットが安定しない…そんな方はぜひ参考にしてみてください。
グリップ

ゴルフのアドレスつくる順番は『グリップ』と『スタンス』どちらが先?

アドレスはゴルフショットの9割を決めると言われています。 ということは、スイング以前に正しいアドレスを毎回再現しなければいけないことになります。 正しいアドレスを再現させるためには、アドレスを作るルーティーンが大切です。 本記事は正しいアドレスつくる順番について解説していきます。
アドレス

【必見】ゴルフのスタンス幅は『広い』と『狭い』どちらが有利?理想的なスタンスは?

ゴルフショットはアドレスで9割り決まると言われています。 自分の基準となるアドレスのスタンス幅を知っているだけで様々な場面で応用できます。 本記事はゴルフのスタンス幅が重要な理由と広い・狭いスタンス幅のメリット・デメリット、あなたに合うスタンスの探し方を解説していきます。
アドレス

アマチュアゴルファーのスタンス幅は狭いほうが正解?メリット・デメリットは?

ゴルフショットはアドレスで9割り決まると言われています。 自分の基準となるアドレスのスタンス幅を知っているだけで様々な場面で応用できるようになります。 そこで今回は狭いスタンス幅のメリット・デメリット、あなたに合うスタンスの探し方を解説していきます。
アドレス

ゴルフのスタンス幅はぜったいに『広い』ほうが良い!...とはもう言えない。

ゴルフショットはアドレスで9割り決まると言われています。 自分の基準となるアドレスのスタンス幅を知っているだけで様々な場面で応用できるようになります。 そこで今回は、広いスタンス幅のメリット・デメリット、あなたに合うスタンスの探し方を解説していきます。
アドレス

メリットだらけのハンドファーストの落とし穴!ドライバーのアドレスの勘違い!

ゴルフスイングでもっとも重要なポイントの1つが「ハンドファースト」ですがドライバーはどうなのでしょうか。 ドライバーはハンドレイトが一般的とされてきましたが、最近はハンドファーストでもよいとされています。 本記事ではドライバーのハンドファーストについて解説していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました