【必見】初心者がハマる間違ったコースマネジメント【ミスっても100切りできる】

未分類
ゴルフ好き
ゴルフ好き

そこそこいいショット打てるのに、ラウンドではうまく打てないし、

100切りできないのはなんでだろう?

練習場では周りの人より飛んでるしまっすぐ行くのに...。

 

こんな状況の人は意外にも多いと思います。

練習場では明らかに周りより良いショット打っているのに、いざラウンドに出てみると100切りどころか110付近をウロウロ。

そんな人が100切りできない理由は『コースマネジメント』ができていないこと。わかっているつもりでも実際できていない場合が多かったり。(昔の僕です)

 

ということで今回は『ミスっても100切りはできるコースマネジメント』を紹介します。

 

スポンサーリンク

そこそこいいショット打てるのに100切りできない理由

 

練習場では明らかに周りより良いショット打っているのに 、100切りできない人は間違ったコースマネジメントしてる可能性大です。

 

初心者がハマる間違ったコースマネジメント

  

下記のように考えたことあるなら、間違ったコースマネジメントをしているかもしれません。

 

  • ミスしてはいけない(ダフらない・トップしない)
  • 見栄をはる、または、番手を練習場の飛距離で考える
  • パー・バーディ狙い
  • ティーショットはかっ飛ばすもの
  • ミスしたら起死回生のスーパーショットを狙う

 

ミスしてはいけない(ダフらない・トップしない)

 

プロでも普通にミスします。池にも入れます。OB出します。

なので、アマチュアは絶対ミスします。ノーミスはあきらめましょう。

 

見栄をはる、または、番手を練習場の飛距離で考える

 

かなり多いです。

例えば、残り150yd。練習場で7番の飛距離が150ydだからといって、7番で打つと100%ショートします。1つか2つ小さい番手で軽く打つほうが成功率高いです。

また、『同伴者が7番だから、おれも!』なんて見栄をはってもいけません。

 

パー・バーディ狙い

 

これができるのは、プロかプロ級の腕を持ってる人だけです。

狙うとすれば絶対ワンオンするパー3くらいです。 

 

ティーショットはかっ飛ばすもの

 

飛距離は絶対的な武器です。飛ぶに越したことはありません。

が、林の中や、やたら難しい傾斜に打ち込んでしまってはせっかくの飛距離も意味がありません。

ティーショットはできるだけ遠くに、そして、2打目が打ちやすい場所にボールを運ぶのが役目です。

必ずマン振りではありません。

 

ミスしたら起死回生のスーパーショットを狙う

  

かなり多いです。

しかし、無謀です。

 

 

正しいコースマネジメント

 

では、正しいコースマネジメントってなんでしょうか。

答えは

安全策・危機管理(ミス前提で最悪な状況にならなければいい)

 

とにかく次が打ちやすい場所へ打つことと、ミスしても最悪の状態にさえならなければOKと考えるのがコースマネジメントの基本にして全てです。

 

ゴルフはミスを積み重ねるスポーツです。ナイスショットが1回出ればいいほうです。なのでミスるものだと思って割り切ります。

 

 

とにかく打ちやすいところにボールを運ぶこと

  

コースマネジメントで一番重要なのはとにかく次打ちやすいところにボールを運ぶことです。

コースはフェアウェイですら傾斜になったりしているので、できるだけ平で打ちやすい場所にボールを運びたいものです。

 

スコアが良かったときなんかは、バンカーに入らなかったとか、あまりボールが曲がらなかったとか、当たり前なんですが、トラブルショットになりづらい、打ちやすいところにボールがあったりしませんでしたか?

 

 

ダフリよりトップ

 

同じミスでもダフリとトップは雲泥の差です。

ダフって目の前にボールが落ちて1打ムダにするくらいなら、転がって先に進んだほうが断然いいです。

 

スーパーショットは絶対打てない

 

どんなに気を付けていても大ミスはするものです。

例えば、林打ち込んだ場合です。

ここで、挽回しようとして起死回生のスーパーショットを狙うのか、あきらめて打てるところに出すのか、この判断で大きく変わります。

 

優勝争いしているトッププロやタイガー・ウッズならスーパーショットを狙ってもいいかもしれませんが、一般アマチュアが狙っても成功率1パーくらいです(笑)

 

大人しく打てるところに出したほうが良しです。

 

パターは『どうせ入らない』が正解

 

パターは打つ人の心理状態によって大きく左右されます。

ラウンドでのパター成功率はプロでも1メートルで90%、2メートルで30%と言われています。

なので、僕らアマチュアは「どうせ入らない」とあきらめましょう。

ではどうするか。

カップの半径1メートル以内にまで寄せればいいと考えましょう。1メートル以内なら何とかなりそうな気がしませんか?

カップを直接狙うと、狙いすぎて大ショートや大オーバーなんてことが多々あります。1メートル以内 を狙うと適度に力が抜けて逆にパターの精度が上がります。

 

ティーショットはドライバーでなくても良い

 

極端な話、ティーショットで100ydだけ打って残り200ydを5番ウッドで2オンとかでも全然良いんです。ドライバーで打つところがなかったりしたら、ドライバー使わなければいいんです。

 

230yd地点から左足下がりの難しい傾斜になっているのなんてザラにあります。そんなときはドライバーもたなくてOK。

これもマネジメントです。

 

 

番外編:無くしたくないボールを使う

 

無くしたくないボールは無くさないように丁寧に慎重に打つので、ある意味、最高のコースマネジメントができるかもしれないですね(笑)

  

 

まとめ:初心者がハマる間違ったコースマネジメント

 

ゴルフはミスするスポーツだと考えを変えましょう。

考えられる最悪のミスさえしなければ、OKだと割り切ります。

実際100切りであれば半分ボギー半分ダボでいけるわけです。

 

こう考えると、100切りはそこまで高い壁じゃなく思えてきますよね。これもコースマネジメントの一つです。 

 

見栄をはらずに自分の能力に合ったマネジメントで100切りしちゃってください。

 

 

✅ コースマネジメントについてのおすすめの書籍です。

 

 

  

 

番外編:ゴルフを最短で上達させる方法!ページを閉じるのはサンプル動画を見てからにすべきです!

 

ということで、僕のゴルフ人生が一気に変わった、おすすめをご紹介します。

僕はいまでこそ80台で回りますが、このプロとの出会いがなければ、ゴルフをやめていただろうと思っています。

結論を先に言うと、おすすめは【クォーター理論】という理論で考案者は桑田泉プロです。

ピンと来た人もいるかと思いますがこの桑田プロはあのプロ野球選手の桑田真澄投手の弟さんなんですね。

百聞は一見に如かず、ということで、参考までに動画を載せておきます。とてもシンプルでわかりやすいです。(レッスンのやりとりもおもしろい(笑))

ぜひ練習で実践してみてください。

 

 

考え方としては、一般の方はボディーターンが強すぎるから、アームローテーションに意識を持っていこうという感じですね。

実践してみて、自分で動画を撮って見るととかるのですが、普通にキレイなスイングになります。

即効性があるので、月一ゴルファーや、月一しか練習に行けない人にも効果抜群です。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

今回、紹介した『桑田泉プロのクォーター理論』が気になったら、リンク貼っておくので参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

✅ クォーター理論

 

✅ クォーター理論を詳しく知りたい

 

✅ クォーター理論をもっと極めたい

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました