ゴルフ練習場に通って上達しないならボール打つのをやめよう【正しいスイングを習得する】

未分類
上達しない人
上達しない人

毎週、練習場に通っているのに全く上達しない。

なんでだろう。

毎週うちっぱなし練習場に通っていてもなかなか上達しないって悩みの方、結構いらっしゃると思います。

200球も300球も打っているのに全くうまくならない、、、、嫌になってきますよね。

今回は練習場に通ってもなかなか上達しない人向けに原因と解決方法を説明します。

 

スポンサーリンク

練習場に通っても上達しない原因

 

練習場に通っていても上達しない原因です。

  • 漠然と打ち続けている
  • 球数の半分以上はドライバーを練習している
  • 飛距離に意識が行き過ぎている

ほぼ間違いなく上記に当てはまると思います。

僕もスコア110台くらいから全く上達しなかった時期がありましたが、原因はまさにこの3つでした。

 

打ちっぱなしで練習すべきこと

 

ではそもそも打ちっぱなしで練習することとはなんでしょうか。

 

  • フォームの確認
  • ウェッジでアプローチ練習
  • 目標に向かって打つ練習

 

ほぼこの3つだと思います。

うまい人や上級者の方たちは、ドライバーやロングアイアンなどは調整するだけでほとんど球数を打ちません。

 

練習でボールを打たないほうが良い人とは

 

練習でボールを打たないほうが良い人もいます。

 

毎週練習場に通って球も打っているのに全くうまくならない 人です。

 

この人は、スイング自体が間違っている可能性があります。

 

ゴルフはカップにボールを入れるスポーツです。

なので、ボールを打って練習するのが1番と思うかもしれませんが、アマチュアによくある落とし穴があります。

それは、、、

たまたま芯に当たって飛距離が出た打ち方を追い求めてしまうこと

 

どんなに間違ったスイングでも、たまたま当たって飛んでいくことがあります。それを正解だと思いこんでしまいます。

 

そもそも正しいスイングをできていないので、全く上達しません。

 

練習でボールを打つことをやめてみよう

 

 

ボールを打たずにゴルフを上達させる方法はなにか。

それは素振りです。

素振りと言ってただやみくもに振るわけではありません。

正しいフォームで毎日正しい素振りを30回とかするだけで間違いなくゴルフは上達します。

ただ漠然とボールを打ち続けるよりは確実に上達できます。ある程度正しいスイングを身に着けたらボールを打ちましょう。

そして、なにより、素振りは無料でできます(笑)

 

素振りで正しいスイングを身につける方法

 

正しい素振りの練習方法は YouTubeとか動画を参考にするのも良いですが、たくさんのことを取り入れすぎでブレブレになることのほうが多いです。

ぼくはいろいろ取り込みすぎて何度もスイングが壊れました。

 

たった1分間で上達する素振り

 

なので、手っ取り早いのが僕も参考にしている書籍『たった1分間で上達 中井学の素振りレッスン』をお勧めします。

今や超有名レッスンプロ中井学プロの本なので信ぴょう性も高いのも安心です

この本には正しいスイングへと導く素振りの練習方法が数多く載せられています。

 

 

また、飛距離アップなど目的にあった素振り数多く紹介されているので、なかなか練習場に行けない人にもおすすめです。

 

ゴルフ脳(マネージメント)を鍛える

 

ゴルフを上達させるうえで、もう一つ重要な要素があります。

それはゴルフ脳、つまりはコースマネージメントです。

簡単に言うと『この条件だったらパー5でもティーショットはアイアンで打とう』みたいな。

スコアアップするには重要事項です。

厳選した3つの書籍をご紹介するので、暇な時間にでもソファーでくつろぎながら読んでみてください。

 

 

 

 

まとめ:練習場で上達しないならボール打つのやめよう

 

毎週練習場に通っても上達しないのであれば、ボールを打つのを一旦辞めて、素振りで正しいスイングを習得したほうが、ただがむしゃらに打つよりも効果が高いです。

 

手っ取り早く確実上達したいのであればゴルフスクールが一番早いのですが、育児や家事、仕事をこなしながらゴルフ練習するのは金銭的にも時間的にも難しい!って人も多いはず。

 

なので、正しいスイング作り(正しい素振り)から始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました