アマチュアゴルファーがスライスを直して飛距離アップする為に試してみるべきこと!

ゴルフ

今回はアマチュアゴルファーの永遠の課題である飛距離アップについてです。

だれでも飛距離アップしたいですよね?

いろんな観点からみていくと、うまい人と下手な人の決定的な違いが見えてくるものです。

そこで、今回は道具です。

あ、道具を買い替えろって記事じゃないですからね!

この方法でスライサーの僕は飛躍的に飛距離が伸びました!スライサーじゃない方はあまり、役に立たない記事かも…。

アマチュアゴルファーの平均飛距離

まずアマチュアゴルファーはどのくらい飛ぶのか?

毎週ラウンドにいったり、毎日練習場にいったりのコアな方を除いて普通の人の平均的な飛距離ですが、キャリーで200から良くて240ヤードくらいだと思います。

その240ヤードも風やティーグランドの高さで若干の補正がかかっての距離でしょう。

実際は200からいいとこ230ヤードってところです。

そもそもなぜ飛ばない?原因は?そもそもシャフトが固すぎる!

アマチュアが飛ばない原因は単純でスイングが悪い!でも、当然です。練習に行くヒマなんて中々ないですから。

特に僕のようなサラリーマンは(泣

実際、練習場にいってもプロ級のカッコいいスイングの人は見たことありません。

うまい人はいますけど、あくまでその辺の人よりうまいかな?って話です。

そして、もう1つ!今回の肝です。

そもそも道具が合ってない!

簡単に言うとシャフトが硬すぎるんです!

考えてみて下さい。

ゴリゴリに鍛えているプロのシャフトが【X】です。

外国プロのシャフトが【XX】です。

(ちなみにタイガーウッズは【XX】とどこかで聞いたことがあります。)

つまり、大して練習もしていない、普通の会社員が【S】や【SR】、まして【X】が振れるわけないんです。

たとえ、昔スポーツをしていて筋力に自信があったとしてもです。

にも関わらず、僕も含めてアマチュアのシャフトは【X】【S】【SR】がほとんどです。

年を取って、ほんとに振れなくなって初めてやわらかいシャフトに変更します。

そこで初めてシャフトの大切さを痛感します。

よく聞く言葉があります。

「シャフトが柔らかいとヘッドがしなって戻ってこない!」

違います。ただ無駄な動きが多いだけです!

だからスライスやひっかけが出ます。

なぜ柔らかシャフトが良いか

先日友人とゴルフの練習に行ったときです。

友人がNEWドライバーを披露してくれました。

友人は私より体格が良く力もあります。

が、なぜかシャフトが【R】に!今まではたしか【S】や【X】を使っていたはず!

(ちなみにこの友人はなかなかのグッズマニアです。いろんなクラブを持っています。)

理由は簡単でした。

力が要らない!

柔らかいのでがっつり撓ってくれるからむしろ飛ぶ!

友人が打つと、

「え、普通に250ヤード越えてんじゃん!」

「まじか!」

実際に借りて打ってみたら弾道が違った!

そこまで言うならとクラブを借りて振ってみました。

打ち始めはスライスです。体が開いてるのが実感できます。

後ろを向いて空振りするつもりで打ちました!

ボールを叩き潰すような感覚が!

そしてこの弾道、いわゆるハイドローというやつです!

とんでもない球が出た!!いつもより15~20ヤードは飛んだ!

元々が飛ばないので大した距離じゃありませんが(笑)

もちろん友人も断然前より飛んでます!

多少ヘッドの性能もあると思いますが、少し振ったったくらいでそんなに伸びないでしょ

シャフト違うだけで明らかに弾道が違うんですね!

飛ぶのはヘッドの影響じゃないのか

ここでみなさん、当然疑問が出てきます。

「ヘッドが良いから飛ぶんじゃね?」

もちろんそれもあると思います。

が、ここで面白いのが友人は【S】のシャフトも用意していた(笑)

(どんだけ金持ってんねん!!)

結果は、振れない、飛ばない、なりよりあのハイドローボールが出ない!

それでも、自分のクラブのMAXくらいは普通に飛んだので、まあヘッドは良いやつなんだろうなぁ。

「百聞は一見に如かず」とはこのこと(使い方あってるかな?)

スライスからの飛距離不足はクラブを買い替えるべきか?

ここまでくると、新しいクラブが欲しい!

と、人間誰しもが思うところであります。

お金に余裕があればすぐに買いに行きますが、現実的に無理ですよね。

で、悔しかったので少し調べてみました。

見つけましたよ!

ハイドローの打ち方を!

飛距離アップしたいならクラブを変える前に試してみること

 調べた結果たどり着いたのは、すばり、

指2本分短く持つ!

若干クローズスタンスで打つ!

 です!

半信半疑で練習場で試してみたらちゃんと打てます!ハイドロー!

打ちなれないので違和感との戦いですが、意識としては

とにかく後ろを向いたまま打つイメージです!!

空振りするつもりで振ってください! 

クラブを変えなくてもこれで全然問題ないです!

ついでにヘッドスピードを上げる練習にもなります!

ぜひ一度試してみてください!

そしてもう一つ楽しみが出来ました。

柔らかいシャフトに変えて、クラブを短く持たずに振ったら結構な飛距離が出るんじゃないかと。

まとめ

 アマチュアでスライサーの方はシャフトがあっていない可能性大!

そのせいでクラブヘッドが全く走っていない!

現在のクラブより一段階、柔らかいクラブを使ってみるべし!

ハイドローを打つには指2本分短く持ってクローズスタンスで打つ!

まず試してほしいのは「指2本分短く持ってクローズスタンスで打つ!」です。

これでドローが打てない場合、根本的にクラブヘッドが振れていないことになります。ヘッドを振る練習にもなるのでぜひ試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました