ゴルフあるある:他人と比較して萎えるなら、ミュートが良い【本当の世界は別にある】

ゴルフ

人間はだれしも、他人と比較してしまいます。

特にゴルフは他人と一緒にプレーするので、嫌でも比較してしまいがちです。自分が調子いいときは全然気にならないかもしれません。ですが、少しでも調子悪かったりすると、同伴の人のプレーは気になりますよね。

 

最悪、空気悪くしてしまったりなんてことも...。

だからこそ、メンタルスポーツなんていわれるのでしょうね。

他にも『同じ時期に始めたのに、自分よりうまい。』『なんで自分だけうまくいかないのだろう』『みんなナイスショット、自分だけOB』...言い出したらキリがありません。

 

スポンサーリンク

他人と比較してしまうなら、ミュートが良い

 

  

結論から言いますと、『ミュート』がいいと。

 

他人と比較して気分悪くなったり、萎えるなんてことは『時間の無駄』以外なんでもないのです

 

例えば、自分がOBしたときに『あいつもOB打たないかなあ』とかね。ムダですよね(笑)

 

 

でも、比較することは、辞められない

 

ここで、『他人と比較するのはやめよう』なんて考えてしまった人、いるかもしれません、

 

でも、たぶんそれはできないと思います。

なぜなら、人間なのだから(笑)

 

✅ やっちゃいけないことはやりたくなる

 

「ピンク色の象を、想像しないでください」

 

さて、みなさんの頭の中にはピンクの象がいるのではないでしょうか?

ダメと言われればやってしまう。難しいですね。

 

比較をすると、不利になる

 

他人と比較すると、自分は不利になります。

というのも、他人とあなたでは特性が違うから。

 

あなたは今日調子がすこぶる悪い。でも、相手は調子がすこぶる良い。

 

特性どころか、全く別物です。

 

 ✅ 比較とは、同質化の行動です

 

あなたのライバルがいたとして、今日は自分よりも調子が良いです。
それが悔しいので、自分に足りないものを考えて、なんとかかんとか補っていきますよね。

でも、その行動をしている時点で、相手には追いつけないです。
なぜなら、今回はそれが「相手の強み」だから。あなたは調子悪いので、調子を取り戻そうとしてる時点で、出遅れています。

 

それよりも、自分の「良さ」を考えるべきだと思います。

 

逆転の発想です。調子悪いときの良さとは何か。

できないことが分かっている。

ものすごい強みだと思いませんか?

 

ゴルフでドライバーが暴れているのなら、マン振りを辞めるなり、使わないなり、方法はいくらでもあります。

むしろ、調子悪くてできないのだから、最低限の仕事ができる選択をすればよいと。

 

例えば僕は、ゴルフが上手な人に結構流されやすいです。

上手な人のクセを真似したりしてしまいます。(そして悪化します)

 

というわけで、いったん遮断

 

まとめると、人間は「比較する」という行動を辞めれません。
それならば「根源」から対処しましょう。

 

なぜ、比較してしまうのか
それは「ライバルの情報を、知っているから」

 

それなら、ライバルの情報を知らなければOKです。

 

 目を向けるべきは、別のどこか

 

例えば、ゴルフで大切なことはライバルではなく「目標(カップ)に目を向けること」ですよね。

 

ライバルと同じショットを打ったとして、スコアが良くなるかと言われればそうでもない。

 

ライバルを倒すこととか、ライバルより遠くに飛ばすとか、比較することに注力したら、それじゃあ逆効果になりますね。

 

会社では『お客様』、SNSの発信なら、自分が『届けたい人』ですよね。

 

 

本当の世界は、別にある

 

 

落ち込んだりしたら、本当に心許せる友人と会ったり、両親に連絡を取るといいですよ。
そこが「本来、いるべき世界」だと思います。

普段は会社やSNSなどで、ある種の「競争社会」になっていると思います。

 

競争は悪くないし、新しい技術、良い成果も生み出します。
でもたまには休んで「自分の殻に戻る」という感じですかね。

さて、ミュートしましょう。

 

成果に期待せずに、楽しく続けよう【効果的】

 

 

比較して落ち込む人は、たぶん「早く成果を出したい」と思っていますよね。
そこを変更すると、もしかしたら、いいかもしれません。

 

成果が出なくても、楽しい

 

例えば、僕の場合、ゴルフでラウンドに行かなくても、打ちっぱなしで打ちまくるのが楽しいです。

 

別にただ打ってるので上達するわけでもなく、ラウンドで絶対に使わないクラブと振りまくったり。

 

異常かもしれませんが、ボール打たないと上達しないのにクラブを振ってるだけで満足してます。これくらいに「無理せず、楽しく続く」という状況なら、かなり強いです。

 

情報は、ガツガツ削っていい

 

話は戻りますが、ゴルフに限らず、現代は情報が「爆発している時代」です。

 

とにかく多すぎる。気を抜くと、SNSのタイムラインで1時間くらい経過します。

 

✅ 99%の情報は、要らない

ほとんどの情報は不要と思います。

情報を集めるよりも、自分で体験して『自分のデータ』と集めていくほうが絶対に良い。

 

まあ、なんとかなる

 

ある人の言葉に『悩みは持っておいた方がいい。悩みがないと、新しく悩みを創ってしまう』とあります。

規模が大きくなってあれですが、完全に同意。

どうせイタチごっこなので、比較して落ち込んでも、それって小さな悩みですね。

 

それで落ち込んでせっかくのゴルフがつまらないんじゃ本末転倒です。せっかくお金払ってやるのだから、楽しまなければ!

とはいえ、1人で頑張って疲れてくると、比較して半端なく消耗します。

 

よく寝る、運動する、よく食べるを実行したら、気分は戻ってるので、またマイペースに進めましょう。

 

そんな感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました