【ゴルフ】OBとおさらば!ドライバーでスライスする理由と克服方法

ゴルフ

スライサーのティーショットあるある。

  • 「キレイにフェアウェイを外す。」
  • 「飛距離が出ない。」
  • 「打った瞬間OB確定。」

アマチュアの8割はスライサーと言われています。

練習量が少ないアマチュアにとってスライスを完全に克服するのは難しいですが、せめてコース上に残るスライスにしたいですよね。

そこで、アマチュアの天敵、ドライバーのスライスについて解説します。

自分がどのスライサーのタイプが知ることも、スライスを改善するためには必要です。

本記事では、スライサーのタイプと原因、克服方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

スライスの種類

 

スライスの種類は大きく分けて2つあります。

あなたはどちらのタイプでしょうか?

ひっかけ系

ボールが目標よりも左に飛び出して、途中から右に曲がる球筋

右肩が突っ込んでしまうタイプの人に多いです。

 

プッシュ系

目標よりもやや右に飛び出し、さらに右に曲がってしまう球筋

伸びあがって打ってします人に多いです。このスライスはフェアウェイ率ほぼ0で、右側が狭いとOB確定です。

 

ひっかけ系スライスはまだ救いがありますが、プッシュ系スライスの方は致命的です。早急に改善をしないと、ゴルフが嫌いになってしまいます。

 

スライスの原因

 

原因がわかっていれば、ある程度意識をして少しは改善することもあります。

逆に、原因がわからないで頑張っていてもよいことはありません。別のエラーが発生してしまったり、目も当てられないようなひどいスイングになったり、踏んだり蹴ったりです。

スライスだけに限らず、矯正しようと練習する前に、しっかり原因を理解しましょう。

 

ひっかけ系スライスの主な原因

  • 左ひじが引けてしまう。
  • 右肩が前に突っ込んでしまう。

大きな原因はこれです。この二つを何とかできれば、他のエラーも自然と直ることが多いです。

プッシュ系スライスの主な原因

  • 体が伸びる上がることにより、両手も伸びてしまいフェースが開いてしまう。

ほぼこれが原因と思われます。ひっかけ系スライスと同じく、矯正できると他のエラーも直っていることが多いです。

 

大まかな原因はこんな感じですが、ここでさっそく練習に行ってスライスを直そうと思うと、おおきな落とし穴があります。

スライスを直そうとすると、ひっかけ系スライスとプッシュ系スライスが交互にやってきて、出口のない無限ループに入ります。

理由は簡単で、ひっかけ系のスライスを直そうとすると伸びあがってしまい、プッシュ系を直そうとすると、体が縮こまって前に突っ込むからです。

ゴルフ歴が長いのにスライスが直らないアマチュアの多くは、これに気付かないで負の連鎖から抜け出せなくなります。

なので、アマチュアの素人考えではなく、理にかなった正しい練習をする必要があります。

 

スライスを克服するには

 

練習量が少ないアマチュアは、あれもこれもすべて修正するのは困難なので、多くのアマチュアに欠けていて、かつ、重要度が高い2つを修得することをお勧めします。

その2つとは

  • ゆるゆるグリップ
  • フェースターン

どちらもよく聞く言葉ですが、よく聞く言葉の割にしっかりできているアマチュアの方はあまり多くないように見受けられます。

ちなみに、どちらも練習しているうちに他のエラーも自然と克服してくれます。

 

ゆるゆるグリップ

 

スイング以前に、グリップがしっかりしていないと、どんなに素晴らしいスイングをしてもスライスはよくなりません。

ゆるゆるグリップはスライスはもちろんゴルフ上達のためにほぼ必須です。

 

☑ ゆるゆるグリップのメリット

  • 飛距離が伸びる
  • ミート率が良くなる
  • スイングが安定する
  • 力みがなくなる
  • ヘッドが走る
  • スイングの再現性が、高まる

ぜひともゆるゆるグリップ、習得したいですね!

参考記事:ぜったいマスターしたいゆるゆるグリップの2つのコツはこちら

 

フェースターン

 

スライスに一番効果的で、アマチュアがもっともできていないのがフェースターンです。

ひっかけ系のスライスも、プッシュ系のスライスも、フェースターンの練習をすればボールをしっかり捕まえることができてスライスを激減することができます。

プッシュ系のスライスの方は、ボールの打ちだし方向は間違っていないので、しっかりフェースターンができるとドローボールを打てるようになります。

ただし、ひっかけ系のスライスはフェースターンを身つけたうえで、軌道や出球の方向を直さないと、目標の左側に飛んでしまうヒッカケが多発することになります。

 

ゆるゆるグリップ・フェースターンを簡単に習得する方法

 

僕が実際に克服した方法です。

ちなみに僕は野球をやっていたこともあり、典型的はプッシュ系のスライサーで、1回のラウンドでボールを何個なくしたかわからないくらいOB連発してました。

そんな僕ですが、1回練習場で練習しただけで、以降のラウンドでOB確定みたいなスライスはなくなりました。

ぶっちゃけると、ゆるゆるグリップとフェースターンを同時に、しかも簡単に習得できます。

とはいえ、僕はアマチュアなので、当然ゴルフ理論を参考にしました。

 

それがこれ

 

今だとワンコインで購入できるでしょうか。

『ボールを見るな』『ダブれ』『手打ちしろ』っていうあれです。

僕が解説して変な誤解を招くと困るので割愛しますが、スライスに悩んでいた自分が悲しくなるくらいの効果があります。

実際に購入して実践した僕としては、ネットで何回も検索して、練習場に何度もいって…を繰り返すなら、ワンコインで購入済ませて一回練習いってスライス直ったほうが、よっぽど効率がいいと思います。

ゴルフスイングが簡単になりますよ。

 

参考記事:クォーター理論をおすすめする10の理由

 

まとめ:ドライバーでスライスする理由と対処方法

 

スライスの原因

  • 右肩が突っ込んでしまう。
  • 伸びあがってフェースが開いてしまう。

スライスを克服するには

  • ゆるゆるグリップ
  • フェースターン

を習得する。

手っ取り早く習得するには桑田泉プロのクォーター理論がおすすめ

参考記事:クォーター理論をおすすめする10の理由

 

基本からやり直したいと思った方は下手だったのにスコアが劇的に良くなった人が実践したゴルフ理論とは?も参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました