【ゴルフ】ぜったいマスターしたいゆるゆるグリップの2つのコツ【安定したスイングを習得】

ゴルフ

「どうしてもグリップに力が入ってしまう」

「力が入ってスライスやチョロが出てしまう」

「力を抜いてグリップするとクラブが安定しない」

力を抜いて握るって簡単そうで以外とできないですよね。

 

ゴルフにおいて力を抜いて握るには2つのコツがあります。

  • 思いっきり握ってスッと力を抜く
  • 両ヒジと両ヒザを軽く曲げる

僕はこの方法でリラックスして構えれるようになりました。

 

強く握ったり、ヒジ、ヒザを意図的に曲げたりは嫌う方が多いかもですが、実際やってみると自然な形で握れます。

力が入ってしまうとスライス気味で飛距離もでないし、何よりスイングの見た目がカッコ悪い。

 

ヘッドを走らせて、飛距離が出るかっこいいスイングをするには『ゆるゆるグリップ』をマスターすることが必須です。

 

スポンサーリンク

あなたはゆるゆるグリップができていますか?

 

こちらに当てはまる方は、ゆるゆるグリップができていない可能性があります。

  • ここ一番、プレッシャーのかかる場面で力んでしまうゴルファー
  • パワーはあるはずなのに、それなりの飛距離がでないゴルファー
  • グリップが強すぎて手にマメを作ってしまったゴルファー
  • グローブがすぐ破れてしまうゴルファー
  • グリップがすぐにすり減ってしまうゴルファー

 

ゆるゆるグリップをマスターする2つのコツ

 

  1. 思いっきり握ってスッと力を抜く
  2. 両ヒジと両ヒザを曲げる

これだけでだいぶリラックスできます。

 

あとは、軽くワッグルして足踏みで自然体が完成です。

この2つのコツはコースで実践するとより効果を実感できます。

よく、『力抜くだけだから簡単だ』などという人がいますが、ただ単純に力を入れないだけだととんでもないことになります。むしろ弊害のほうが大きいので、ただ単純に言葉を鵜呑みにするのはやめましょう。

詳しくは、『ゆるゆるグリップは素直に聞いてもすぐにはできない?』に記述しています。

 

ゆるゆるグリップのメリット

 

  • 飛距離が伸びる
  • ミート率が良くなる
  • スイングが安定する
  • 力みがなくなる
  • ヘッドが走る
  • スイングの再現性が、高まる

ぜひともゆるゆるグリップ、習得したいですね!

 

ゆるゆるグリップできないと

 

まず第一にスイングが安定しません。

ダフったと思ったら、トップ。からのシャンク。

ドライバーに至っては、チョロやスライスOBの連発も珍しくありません。

人によっては、当たり所が悪くてクラブを折ってしまうこともあります。

経験豊富な方であれば、ラウンド中に無理やり修正することも可能かもしれませんが、ほとんどの場合はそのまま直せません。

ゴルフは失敗するスポーツですが、失敗の誤差をいかに少なくするかが大切です。

ゆるゆるグリップができていないと、その時の天気や体調など、コンディションによって誤差が大きくなります。

前回のラウンドで100切り一歩手前まで行ったのに、今回のラウンドはスコア130台まで悪化なんてことはザラにあります。

 

一生初心者になってしまうかも

 

初心者の最初の壁と言われる100切り。

この100切りはゴルフ歴10年20年でもできていない人が非常に多いです。

実際に10人中9人が100切りできないと言われています。

理由の一つとしてあげられるのが『ゆるゆるグリップ』です。

できているようでできていないことが多いこの『ゆるゆるグリップ』は、脱初心者のパーツのひとつといっても過言でないくらい重要です。

実際、アベレージで100を切る方の多くは、力みのない、かつ、鋭い安定したスイングをしています。

 

上手くなるにはゆるゆるグリップは必須

 

ゴルフクラブと体が唯一接しているグリップ。

そしてアドレスする時に一番最初の動きがグリップです。

最初のグリップがおかしいと、そのあとのスイングにも少しずつ誤差が生まれて、結局はバラバラのスイングになってしまいます。

プロの方も口をそろえてグリップは最も重要だと言います。

ユーチューブなどの動画でレッスンを見ていると、スイングやアドレスの前にグリップを修正するだけで見違えるようなスイングに直したりします。

そのくらいグリップは重要ですし、うまくなるにはゆるゆるグリップが必須といえるでしょう。

 

まとめ:ゆるゆるグリップマスターの2つのコツ

  

コツは2つです。

  1. 思いっきり握ってスッと力を抜く
  2. 両ヒジと両ヒザを曲げる

これだけでだいぶリラックスできます。

これでゆるゆるをグリップを身につけたら初めてアドレスやスイングに入ります。

ゴルフクラブと体が唯一接しているグリップです。

ゆるゆるグリップはゴルフが上達する為には必要なことです。

 

ゆるゆるグリップといっても、ぶっちゃけた話、その人の感覚だと思います。とりあえずリラックスできてればみたいな。

というのも、本当にゆるゆるグリップができてる方はパターやアプローチなどの短いクラブと距離、つまり基本を徹底的に練習してマスターしてる人であって、その中で自然と自分の中のゆるゆるグリップが身についたと、そんな感じのはずです。

なので、プロやトップアマチュアの方々は日々の練習によって自然にできてしまったグリップなんですね。

そんなグリップを素人がちょっとやそっと教わったからってできるわけないと、そういうことです。

努力しなければうまくなれないということです。

やはりゴルフは奥が深いしおもしろい!ゆるゆるグリップ、是非習得したいですね!

 

習得するために他人の技術をもらうのも手

 

とはいえ、個人差もありますし、人によって向き不向きもあります。

特に、大人になってから始めることの多いゴルフに関しては、できないことをいつまでもやっている時間はないはずです。

なので、他人の技術をもらうのも手だと思います。

実際に上手な方は元をたどれば自分が下手だという自覚をもっていた方が多く、人知れず努力をしています。

レッスンしかり、教材で地道に努力したりです。結果的に最短で成長し他の人を圧倒します。

ゴルフを楽しむために、賢い人は技術と時間をお金で買う?で実例を紹介しています。

 

ちなみに僕はというと、2年くらい独学で練習しても成長がなく、これでダメならゴルフやめようと思ってDVDを購入しました。正直言うと、もっと早く買っとけばよかったと思っています。

こちらの記事で実際に購入したDVDを参考に上達のヒントと、DVDを紹介しています。

初心者の僕でも100切りできた!上達のヒント10個!

 

もし、基本からやり直したいと思った方は下手だったのにスコアが劇的に良くなった人が実践したゴルフ理論とは?も参考にどうぞ。

 

手っ取り早く上達したいとお考えであれば、本や教材、レッスンは大いに活用するべきと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました