【初心者必見】もう迷わない!覚えるべきプログラミング言語はこの4つだ!

プログラミング

プログラミングを覚えたい。でも言語が多すぎてどの言語を覚えていいのかわからない。言語選びを間違えて後悔もしたくない。

そのような悩みをもっている方は多いと思います。

どの言語を覚えていいのかわからない方へ、覚えるべき言語を紹介します。

覚えるのはWEB系の言語です。

WEB系言語は覚えておいて間違いなく、応用も効くので、やりたいことがはっきりとしていない方はWEB系を作成する言語を勉強して下さい。

そして、フリーランスとして働けるまでなると、今後の人生は大きくかわります。

実際に就職してプログラマーとして働くのとは雲泥の差があります。

(フリーランスは基本を覚えてしまえば大丈夫です。逆にプログラマーは基本だけでは戦力外です。)

おすすめ言語

ここで紹介する言語は、がっつり勉強すれば早ければ全部合わせて3ヶ月くらいで基礎を学べてすぐに仕事に活かせる言語です。初心者でも覚えやすい言語ばかりなので勉強する価値ありです。

勉強するならWEB系言語

始める言語は上から順番が良いです。最終的に全てにつながって行きますから!途中で挫折しても、絶対ムダにはなりません。

  1. HTML
  2. CSS
  3. JavaScript
  4. PHP

おすすめ理由

おすすめは全てWEB系に用いられる一般的な言語です。WEB系言語は応用の幅が広く、一つ覚えてしまえば他のWEB系言語も覚えやすくなります。と言うよりも勉強を進めていくと覚えようと思うはずです。

他の言語を1つ覚えるのと同じ時間で、WEB系の複数の言語を覚えることが可能です。

なぜWEB系言語か

WEB系言語と言っていますが、なぜWEB系?と、疑問を持たれると思います。

1番の理由が稼ぎやすい!です。

覚えやすさもありますが、将来的に考えたときにWEB系が1番可能性があります。

なぜなら、WEB自体がまたまだ発展途上であるからです。新しいものが次々にできあがります。その為、WEB系のエンジニアは人員不足であり、少しでもプログラミングをかじっていれば仕事に困る事もありません。

少なくとも、今記事を読んでいる方が現役であるうちはこの事実は変わりません笑

初心者に他の言語をおすすめしない理由

他の言語に魅力はないと言うわけではありません。これを作りたい!と決めている人は言語なんてなんでもいいんです。

初心者にWEB系以外の言語をおすすめしない理由は簡単で、挫折するとそこで終わりだからです。

他の言語は基本を学んだだけでは戦力外です。現場に行って始めて本格的に経験を積み上げる必要があります。

ほとんどの方は1年以上缶詰め状態でプログラミングを学びやっとスタートラインというところでしょうか。

極端な話、WEB系言語は極めなくてもそこそこ稼げます。

WEB系言語はフリーとしてであれば、最初は簡単はことから仕事を選べるので、自分のレベルに応じて稼ぐことができてしまいます。無理して就職してプログラマーにならなくてもなんとか稼げるんです。

実際に本業とは別に副業としてフリーで稼いでる方もたくさんいます。もちろん、普通のサラリーマンの方でも副業として普通に稼いでいます。

WEB系言語はたとえ挫折しても、そこそこ勉強できていれば、副業としてもやっていけることができます。他の言語は挫折してしまうとそこでムダになってしまいます。(全部ムダではないですが。)

実際にプログラマーとして働いてみると

さて、ここからは私の経験を語ります。興味ないかたは飛ばして下さいね笑

私はプログラミングほぼ初心者で入社し、プログラマーとして働いています。

言語はWEB系ではありません。

まあ、いろいろ理由がありフリー転身はしていませんが、正直なところWEB系行ってフリーやっとけばよかったと思っています。

プログラマーの現実

初心者で入社した私ですが、最初はまぁボロボロですね笑

ほぼ初心者でプログラマーになると、WEB系でも関係なく、みんな同じような環境になると思います。

確かに初めは簡単ことから始まりましたが、単純に心と体がキツい。いくら終わってもエンドレスで続くプログラミング作業です。

考えてみて下さい。毎日10時間くらい、ずっと机に向い、ひたすらよくわからない仕様書をみながらプログラムを書き続ける。周りも同じプログラマーなので、会話なんてほとんどなしです。

私は初心者でしたから、当然周りよりも仕事は遅く、不具合も多いですから寝る時間を削ってという日々がだんだん増えていきました。

でも、ベテランのプログラマーでも私と生活が変わらないんです。残業当たり前みたいな。

で、そんな生活を続けて1年くらいでしょうか。他のプログラマーにやっと追いついてきたのは。というか、これだけやれば誰でも覚えます。

でも、他の時間はすべて犠牲にしました。ちなみに今でこそほとんど残業しないようになりましたが、毎日だいたい似たような生活です。

逆に会社ではほとんど残業しない私が不思議がられています。まあ、自分で言うのも何ですが、残業しないように段取りから何から考えまくって努力しましたけどね。

自由気ままにフリーで稼いだ方がよほど賢いし、他のことも楽しめますよ!

仕事は二の次にしたい

プログラマーを続けていくと、ある考えに辿り着きます。仕事は二の次で遊びたい!

と言うのも、仕事できる人ってなぜか余裕を持っていてカッコ良いですよね?仕事してるの?って言うくらい余裕がある。

うらやましいですね。私もそうなりたいと思いながら、今までの100%を10%でできるように日々試行錯誤を続けています。

でも、結論は出てるんです。フリーエンジニアになればいいんです笑

やりがいより効率良く稼ぎたい

これは私の考えですが、仕事のやりがいより効率よく楽に稼ぎたいです笑

みなさんはどちらでしょうか?

若いときはやりがいを優先させた時期もありましたが、家庭を持つと完全にやりがいより稼ぎ優先です。

仕事を片手間でこなして、あとはプライベートにあてる。こんな生活してみたいですね。

実は、フリーエンジニアになって簡単なWEB画面を3、4時間で作成するともれなく5万円くらいの収入になります。

基本的な技術でできる範囲です。週に2案件ずつこなしてみると、、、もうお分かりですね?

その辺のプログラマーの収入と同等かそれ以上です。毎日10時間働いてやっと稼ぐ収入と週10時間働いて稼ぐ収入が同じです。

これが、WEB系と他の言語の違いです。

まとめ:覚えるべきプログラミング言語は

WEB系のプログラミング言語です。

  1. HTML
  2. CSS
  3. JavaScript
  4. PHP

この言語を覚えてフリーエンジニアになると、プログラマーが毎日10時間働いてやっともらえる収入を、WEB系のフリーエンジニアは週10時間だけ働いて同じ額を稼げます。もちろん、それ以上も可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました